足首のむくみは何が原因?原因を知って対策をしよう!

夕方になると靴が狭くなっている・・ということもあると思います。

仕事で長時間ずっと立ちっぱなしだったり、座りっぱなしだったり、同じ姿勢で過ごすことが多い方はむくみでパンパンになってしまいます。

太ももやふくらはぎがむくむこともありますが、足首も同じようにむくんでしまいます。

むくみというのは、血液の循環が悪くなっていることが原因ですが、足首のむくみも原因は同じです。

・長時間のデスクワーク
長時間の同じ姿勢は血流が悪くなり、足首のむくみにつながります。

・運動不足
運動不足になると筋肉が使われることがなくなり、筋力が衰えます。

そうすることによって血流を促す筋肉ポンプの役割を果たすことができなくなり、血液の循環が悪くなってむくみが起きます。

・肥満
肥満になると体重の重みで足に負担がかかるだけではなく、静脈に圧力がかかり血液の流れを悪くします。

・体質(遺伝)
リンパ管や血管が細い方は、循環が悪くなりやすくむくみやすくなります。

この状態は遺伝によるものが多いので、できるだけむくまないように予防することが大切です。

・栄養バランスの偏り
低たんぱく血症(血液の中のたんぱく質が少ない状態)になると、血管の中の水分をキープできなくなって細胞間液が増加し水分が溜まってしまいます。

塩分が多い食事をするとカリウムが不足し、水分バランスが悪くなって余分な水分が排出できず、溜まってしまいます。

このように、足首のむくみの原因は色々あります。

足首がむくむとくびれがなくなり、足が太く見えてしまうので特に女性は気にしますし、疲れが溜まってしまっている状態なので、動きも鈍くなります。

生活習慣を改善することで、足首のむくみを改善することは可能なので、改善する方法をチェックしてみましょう。

足首のむくみを解消するには?

足首のむくみを解消するためには、まず上で触れた生活習慣の改善をすることが重要です。

・長時間同じ姿勢にならないように足を動かす。

・筋肉を強化するためにも適度な運動を心がけましょう。

・肥満は様々な病気のリスクもあるので食生活や運動で肥満を改善しましょう。

・バランスのいい食事を心がけ、塩分が多い食事をするときはサプリなどでカリウムを摂取するようにしましょう。

デスクワークで座りっぱなしの方は、むくみが起きる前に足首をぐるぐる回したり、少し擦るようにすると、足首のむくみを予防することができます。

むくみが出ている場合でも、マッサージで血行を良くするとよくなるので試してみてください。

まとめ

足首は、体を支えるために負担がかかっているため、血液の循環も悪くなりがちです。

むくみが生じると、足が太く見えるため女性は特に気になるはずです。

足首がむくまないよう、マッサージをすることも大切です。

椅子に座りっぱなしの仕事をしている方は、椅子で太ももを圧迫することによって足首だけではなく足全体がむくんでしまうことになりますので、椅子の高さを調節するようにしましょう。

足首のむくみを改善することで、他の部分のむくみも改善することができます。

血流が悪くならないよう、生活習慣を見直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です